Search
Calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>
Sponsored links
links
451 452 453 454 455 456 457 458 459 460 461 462 463 464 465 466 467 468 469 470 471 472 473 474 475 476 477 478 479
Recommend
New Entries
Recent Comment
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - |-
サイモン・ウィーゼンタール・センター
学会員は回答しないでください。サイモン・ウィーゼンタール・センターにとって、...
学会員は回答しないでください。サイモン・ウィーゼンタール・センターにとって、創価学会は単なる犬ですか? サイモン・ウィーゼンタール・センターは、シオニストユダヤですね。 シオニストユダヤと統一協会と創価学会とオウム真理教はお友達関係のようですが。 よく読むと、市民団体からも怒りを買っている、豊富な資金にモノを言わせている 似たような怪しい団体であるとわかります。 http://ja.wikipedia.org/wiki/サイモン・ウィーゼンタール・センター アドルフヒットラーは、シオニストユダヤのロックフェラー卿の隠れた孫であることや、ユダヤ人虐殺は嘘であり、ユダヤ人をイスラエルへ移動させる手段として仕組まれた茶番であったことは、今や常識となりつつあるのだし、そんな団体と親しくしている創価学会は、世界中からカルト指定されているのだから、似た者同士がチチくりあっているとしか感じようがありません。 池田はあれだけのことをしているんだからと言いますが、信仰を悪用している方法等でさらに政治に食い込み、人の良い信じ込みやすい日本人を操っているところ等、かなり高等な知能犯と思います。北朝鮮シンパ、工作員は、相手の懐に入って急成長する方法で時の代表に近づき時期を見て組織を乗っ取る。北朝鮮系ならばこの方式(創価学会乗っ取り)は常套手段なので、そうであろうと推測します。 身近で言えば今回のテポドン2号についても、その前の2006年の発射についても、日本がこんな危機的状況であるのに対し、創価学会も公明党も、何の声明も出しません。北朝鮮の貧民を助けようと声をあげようともしません。拉致被害者は学会員もいるのに、返せというような声明も一切出してません。平和を願う団体として決定的におかしくないですか。デマではありません。これが事実です。 他にも、こういう回答があるので是非ご参考に。 http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1019391590 http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1416305524 http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1323910733 http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1211714742 学会員は回答しないでください。迷惑なだけです。(続きを読む)


米国を代表するホロコースト博物館で慰安婦関連イベント
今までにもマイナーなホロコースト博物館で日本軍慰安婦に関する展示会等が催されたことはあったが、今度はアメリカにおける二大ホロコースト博物館の一つと言われるロサンゼルスのサイモン・ウィーゼンタール・センターのホロコースト ...(続きを読む)


サイモン・ウィーゼンタール・センター
‎2013年7月31日‎
サイモン・ウィーゼンタール・センター 米カリフォルニア州ロサンゼルスに1977年に設立された、反ユダヤ活動を監視する有力人権擁護団体。多くの家族をホロコースト(ユダヤ人大虐殺)で失ったユダヤ人、サイモン・ウィーゼンタールに敬意を表して名付けられた。ホロコースト (続きを読む)



<広告>
臨床 アルバイト バイト
ロートCキューブ
posted by: a6945 | - | 22:48 | comments(0) | trackbacks(0) |-
スポンサーサイト
posted by: スポンサードリンク | - | 22:48 | - | - |-









この記事のトラックバックURL
http://a6945.jugem.jp/trackback/245
トラックバック